SQLiteな休日
1. テーブルを作成

テーブルを作成します。

<?php
$file = "./sqlite.db"; //データベースファイル定義
$data = sqlite_open("$file"); //オープン
$query = "create table table1 (id INTEGER PRIMARY KEY,sitename VARCHAR(50),url VARCHAR(50))"; //クエリの定義
$result = sqlite_query ($data,$query); //実行
sqlite_close($data); //切断
?>

簡単なリンク集のようなものを想定して、項目は [id]、[サイト名]、[サイトURL] の3つを定義します。

create table でテーブルを作成します。テーブル名は table1
項目と項目の間は , (コンマ) で区切って書きます。

データ型は今回 [id] は INTEGER PRIMARY KEY として、1から始まる連番を自動的に生成します。
[sitename] と [url] は普通に文字列で良いので VARCHAR としました。文字数は50バイトです。

他にデータ型としては [INTEGER](数値型)などありますが、SQLilteの場合データ型を定義しなくてもOKということになっていますので、臨機応変に。(てきとーとも言う)

この作業も最初の1回だけ実行すれば良いので、と言うか、create table を既存のテーブル名で実行するとエラーが出ますので、ここでは [実行] は無しです。
作成されるテーブルのイメージは
id サイト名 サイトURL
     

こんな感じです。

2. テーブルを表示

作成したテーブルを表示してみます。

<?php
$file = "./2/sqlite.db"; //データベースファイル定義
$data = sqlite_open("$file"); //オープン
$query = "select * from table1"; //クエリの定義
$result = sqlite_query ($data,$query); //実行
print "<table border='1' cellspacing='0' cellpadding='4'>¥n";
print "<tr><td>id</td><td>sitename</td><td>url</td></tr>¥n";
while ($scan = sqlite_fetch_array ($result)) {
print "<tr><td>" . $scan["id"] . "</td><td>" . $scan["sitename"] . "</td><td>" . $scan["url"] . "</td></tr>¥n";
}
print "</table>¥n";
sqlite_close($data); //切断
?>

select * from で全ての行を出力します。(今回は内容が空っぽですが)

実行
2014.2.4 last edit

Produced by haku